アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「仕事」のブログ記事

みんなの「仕事」ブログ

タイトル 日 時
丹波布【色紙・短冊掛け】
丹波布【色紙・短冊掛け】 地元丹波市青垣町の無形文化財【伝統的工芸品】 を、色紙・短冊掛けに仕上げています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/18 08:52
竹田城跡【揮毫:前田華汀女史】の表装!
竹田城跡【揮毫:前田華汀女史】の表装! 縁あって、書家 前田華汀女史の揮毫を表装(裏打ち)した。 竹田城跡イベントが開催された時の作品だそうです。 幅3.0×縦2.3mの大作です( ̄^ ̄)ゞ http://www.katei-maeda.com/newtopics/1009/ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/18 08:41
利久屏風 一双
利久屏風 一双 屏風 完成❗ 利久屏風…開いて5尺角の寸法になる物。 関東では幅の狭いものを言い、『利休屏風』と言うそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/14 21:04
手摺りの木版画! Woodblock Prints(handrail)
手摺りの木版画! Woodblock Prints(handrail) 手摺りの木版画! Woodblock Prints(handrail) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/18 11:35
国民健康保険を節約する方法‼
国民健康保険を節約する方法‼ 《あなたの職種が、建設国保に加入できる職種であれば必見です‼》 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/29 10:20
戸襖(白木縁)
戸襖(白木縁) 戸襖です。 特別な製品ではありませんが、少し説明を付けて置きます。 昨今の新築では、昔からの和室の間を取り入れた家がめっきりと少なくなった。 大家族の家庭が少なく成ったからなのか解らないが…。 簡易的な和室に戸襖が間仕切りに使われるようになった。 そして、和室に使用する建具も背が高く成ってきた。 あっ、今回の写真の製品の話をしなければ。 写真の建具は、高さが210センチ幅126センチの物です。 背が高くて幅が広い。 白木の縁に合わせてクリーム色の引き手を使用しています。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/09 19:21
大福帳の修理
大福帳の修理 大福帳の修理です。 470枚の裏打をして元の様に綴じました。 虫食いなどの状態が、綺麗に仕上がっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/04 17:47
置き床屏風
置き床屏風 置き床屏風は、4曲(4枚折り)屏風中央部の山折り部分に、掛け軸を掛けるスペースを取り入れた新しい屏風です。 和室で無い会場で使用する事で、簡単にお茶席の雰囲気が作れ飾り付けも出来ます。 当店オリジナルの屏風で、丹波布を両袖に使用しています。 丹波布は、青垣町伝統工芸的織物で平成10年に国指定の無形文化財になっている民芸品です。 使用した布は、私が丹波布工房『丹の布』大谷由美子女史にお願いして、色と織りもこの屏風だけの特注品を織ってもらい仕上げています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/04 17:06
コラボ展【丹波布工房『丹の布』と表具『太田檜雲堂』】
コラボ展【丹波布工房『丹の布』と表具『太田檜雲堂』】 第3回丹波布と表具のコラボ展 第3回丹波布と表具のコラボ展 10月22日土曜日から24日月曜日 場所:丹波新聞社 3階 兵庫県丹波市柏原町柏原201 電話:0795-72-0530 展示会出品の作品の一部です。 パッチーク風に丹波布を張り合わせて、カードサイズやネコの形に型抜きして額装したものです。 素朴なイメージの丹波布が、こうして張り合わせることでまた雰囲気がガラリと変わります。 可愛いネコの仕草が上手く表現出来たのではないかと思っていま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/13 14:02
表具展示会
表具展示会 明日から17日・18日の2日間、兵庫県民会館で 『表展』 が開催されます。 出品作品の掛け軸です。 松井拳堂翁の達磨図 大型グラフィック出力表具紙 B3サイズ入稿データはイラストレーター Ver.8?CS3推奨ですココ!deマンド大型グラフィック出力 入稿データについて 入稿データはイラストレーターVer.8?CS3推奨。 デー楽天市場 by 大型グラフィック出力表具紙 A2サイズ入稿データはイラストレーター Ver.8?CS3推奨ですココ!deマンド大型グラフィック出力 入稿... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/16 06:11
西国八十八ヶ所巡り御集印掛け軸
西国八十八ヶ所巡り御集印掛け軸 【仕上がり寸法】 H200×W73.5cm 桐箱入り ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/09 18:11
CBR250RMC19 メンテナンス
CBR250RMC19 メンテナンス クラッチワイヤーのグリスアップ クランクケースのキズをアルミパテで修理(パテの塗り付け) 磨き作業と塗装はこれからです。 休みの空いた時間に、コツコツとやって行こうかな? 塗料の色が現在の物と似た物またはそれより良い色合いの物が見つかれば良いが、先ずは磨きをかける事が先ですf^_^;) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/17 20:51
CBR250RMC19 多々良木ダム湖&生野銀山湖
CBR250RMC19 多々良木ダム湖&生野銀山湖 福崎町のセブンイレブンで集合! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/16 16:49
もみじの里 あおがき
もみじの里 あおがき 丹波市青垣町にある、『もみじの里 あおがき』へ額の配達と展示をして、納品が終わりました。 右側の円相は、浄土宗の川本剛空上人の風呂敷を額装されたもの。 色鮮やかな額装で、ロビーも華やかな感じが出でいます。 今回納めたのは、左側の書。 青垣町の足立栗峰氏の物。 日展に入選を何度もされている先生です。 以前の展示物と比べると、格段に良くなっています。 お客さんも、こういう物を見てくつろいてもらえると、作った私達も凄く嬉しく思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/15 15:38
雛屏風
雛屏風 先ずは、ここに書いている『雛屏風』は表具で言う雛屏風のサイズを指す物ではありません。 依頼者が所有されている雛人形の屏風の事を書いたり、写真を掲載しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/11 16:23
丹波の奇人『松井拳堂』
丹波の奇人『松井拳堂』 丹波市(旧氷上郡氷上町)に松井拳堂翁という世間では奇人と言われる人物が明治から昭和におられたことを皆さんは知ってはりましたか? この人物の事を私がここで詳しく説明するより、先に丹波新聞社から丹波の偉人を紹介した本が、2回に分けて出版されている。その中で松井拳堂翁は紹介されていますので、下手な説明は避けておきます。 その『拳堂翁』に関する作品が、市内に多く残っているのですが、近年時代の移り変わりのせいもありゴミとして、その価値を知らないまま捨てられようとしていた。 今年(平成28年)S寺... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/01 22:08
丹波市(旧氷上郡)の宝物
丹波市(旧氷上郡)の宝物 丹波市の偉人が描き残した作品を救済する。 ゼンリン電子住宅地図 デジタウン 京都府 船井郡京丹波町 発行年月201601 264070Z0Dゼンリンユーザレビュー:Amazonアソシエイト by 丹波氷上郡志 昭和60年【中古】大黒堂書店経年の傷み有り。全体的にきれいです。楽天市場 by ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/30 17:22
パーテンション風屏風
パーテンション風屏風 アトリエ曼陀羅窟 仏版画家 観瀾斎氏の絵(版画複製) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/30 17:16
作品の裏側!!
作品の裏側!! [表側全体図] 【作品の修復】 修復で裏打ちを剥がす作業があります。 その裏打ちを剥がして気が付いたことが 写真は、表側からと裏側を並べています。 (表が少し見えづらいのは、表打ちと言う作品を保護する為の処理をしているので鮮明ではありません。) 表裏の違いがわかるでしょうか? 私は、 全て手描きの作品と思っていたら、裏側から見ると木版画でした。 木版画に着色したと言うより、描き直していますね! 作業中の違和感は、この違いでした。 色んな描き方があるんやなぁ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/15 17:48
こじぞうさん 観瀾斉氏木版画
こじぞうさん 観瀾斉氏木版画 こじぞうさん ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/09 22:27
襖の下地4
襖の下地4 間似合代用………本間似合は高価な為、代用品を使用。 光を通さない様にする為に色付きで石粉が入った物を使用しています。 石粉が入る事により、湿気で髪の伸び縮みが少なく反りが出にくく成る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/09 22:09
襖の下地3
襖の下地3 光を通さない様に、色付きの楮紙を張って行きます。 【2枚目】 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/08 08:17
襖の下地2
襖の下地2 襖の骨下地に、1枚目の下張り。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/08 08:10
襖の下地
襖の下地 【襖の下地】 杉の木、上四分子 近年、 表具業界では低価格化か進み、アパート向きなどの安価な商品が一般住宅でも使用されるくらい、区別されなくなって来た。 そんな中、写真のような組子は『珍しい』とつい言ってしまう位数が減ってきている。 日本の気候に合った、従来からの造りの商品は凄く良いのです。 それを見てもらえる場所を提供出来ればと思うばかりです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/01 16:56
額装
額装 【額装の修理】 展示されていた額縁が、何か硬いものが当たり書の一部分が破れ欠損していました。 修理と同時に周りの表装も張り替え。 新しく保護用にアクリル3m/m入れ。 下地は、骨の状態まで下張りを取り、最初から張り替えて補強しています。 赤い縁取りは、絹絓を使用! 出来上がった額縁を、配達・展示しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/01 07:30
障子張り替え
障子張り替え 【障子】 障子を張り替えたいと依頼があり引き取りに行くと、反物を用意されていて 『この反物を使って欲しい』 と、言われ張ってみました。 張る格子の場所(デザイン)は、お客様にお願いして写真のようになりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/31 19:56
額装
額装 少し小ぶりな額装です。 H6寸6分×W1尺5寸8分(紙本サイズ) H1尺×w2尺(額内寸法) 紙本に余白が無いため、仕上げは全て見える様にする為に浮かし仕上げにしております。 小さな額の為、存在感を出す為に、一般的な物より太い額縁にしています。 マットを明るい色を使うことで、重たい感じを出さない様にしています。 マットの裂地は、細絹絓を使用。織りが細い糸で柔らかく見えます。 触れないけどねΣ(゚д゚lll) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/26 19:23
古い水墨画の修復
古い水墨画の修復 古画の修復をしてます。 紙本がヒビ割れて、潰れる寸前ですf^_^;)。 古画の表側から保護紙を乗せ、布海苔で固定します。(二重に) 三枚目に薄美濃紙を澱粉糊で再度固定します。 乾燥させて、裏打ち又は、その他の裏張りを剥がしていきます。 今日の作業は、保護紙の二枚目まで………(^ν^) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/19 21:13
こじぞうさん【観瀾斎画】
こじぞうさん【観瀾斎画】 作品が出来上がるまでの写真です。 紙のたるみを無くす為に、裏打ち(少し厚めの和紙に糊を塗り張る事)をして、その後仕上げに落款を押して中にはサインもされます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/01 22:04
紙本の洗い
紙本の洗い 汚れた紙本の洗いです。(^_−)−☆ 今日は、洗い三昧です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/29 21:44
作業場の様子(裏打ち増し裏打ち)
作業場の様子(裏打ち増し裏打ち) 【裏打ち(増し裏打ち)】 1.紙本を洗い、汚れを取る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/29 13:00
松井拳堂翁 達磨図
松井拳堂翁 達磨図 裏打ち三昧・達磨三昧❣ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/29 07:35
松井拳堂翁 達磨図
松井拳堂翁 達磨図 松井拳堂翁 達磨の図を修復中 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/29 06:28
古い額装の修理(修復)・下張!
古い額装の修理(修復)・下張! 三重蓑張り。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/21 23:57
古い額装の修理(修復)・裏打!
古い額装の修理(修復)・裏打! 彼はの様に『パリパリ』に成っている紙本でまた、ところどころ破れて欠損している所もあり作業中に現状より酷くならない為に、表側から養生の為に紙で表打ちをしています。 そして欠損箇所の修復をして裏打をし、表の紙を取り除く。 そうすることで安心して進められる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/21 23:47
古い額装の修理(修復)・ほこり取り!
古い額装の修理(修復)・ほこり取り! 古い『額装』の修理(修復)です。 上の写真は表面に付着している誇りを取り除くために、消しゴムの粉を振りかけています。 紙本の上で消しゴムの粉を転がす事で、消しゴムの粉に誇りが付くと言う事です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/21 23:32
衝立(金細工)
衝立(金細工) 過日、焼銀を作って万両を描いたものを衝立に納めました。 なんとか、格好になっているのでは? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/21 23:19
今年2月の出来事ですが・・・。
http://sajiaogaki.exblog.jp/i18/ 関西大学佐治スタジオの活動に少しお手伝い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/15 23:28
焼銀箔
焼銀箔 衝立の金細工です。 金細工で、衝立用の商品の需要が激減している為に、発注した業者がNGと言ってきた。 その訳は、 『材料の在庫を抱える事の負担が大きい』 と云う事でした。 分からなくも無いが、見本帳に載せている以上は作って当然と思うのですがどうなんでしょう? 仕方が無いので、自分で作ることにした。 以前より、購入先をこんな時の為にとめぼしを付けていた業者へ早速電話をかけ、当店の情報を登録してもらい購入! 材料はそろった。 後は作るだけ。 作り方も、以前よりイメ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/15 23:24
襖引き手修理
襖引き手修理 古い襖が有り、そこに描いてある絵を修理して、新しく仕立て直した襖に張る依頼です。 その襖に使われていた、古い引きてを再利用する様にと依頼者の希望で修理しています。 昔から壊れた引きての修理の補強に、表具師は和紙を糊で張りこていして、襖の引きてを埋め込む穴に取り付けていました。 今回も、同じ様に形を整えて和紙を張り再利用できるまでに、修理しました。(補強) 一つ一つの形や大きさが変形して違いが出来ている為に、個々に合わせて埋め込む穴を掘らなければなりません。 手間が掛... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/15 23:03
西日本表具内装協会京都大会
西日本表具内装協会京都大会 『表美展』 京都みやこめっせで開催中の表展です。 今年は第60回記念と合わせて、西日本表具内装協会の大会も兼ねての大きな展示会になっている。 西日本表具内装協会で功労者表彰出席の為に京都です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/17 00:21
丹波篠山 「工藝の神無月」展
丹波篠山 「工藝の神無月」展 丹波篠山「鳳凰会館」にて 「工藝の神無月」展を見学。 仕事の内容は勿論、自分の置かれている世界も違いますが、一つ一つ丁寧に作られているものを見ると勉強になります。 又、良いものを持っても似合う人間になりたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/12 18:20
ものづくり体験館(ひょうごの匠)【ミニ屏風作り】
ものづくり体験館(ひょうごの匠)【ミニ屏風作り】 【ミニ屏風作り】ひょうごの匠の初仕事が昨日10月9日行われた。 中学生20名を迎えての作業です。 『表具』という言葉が大人でも知らない方が多い中、中学生にその仕事の紹介を含め【ミニ屏風作り】を進めて表具の良さを感じてもらう又は、知ってもらう事はかなり難しい。 作業はおよそ2時間で行う為、その難易度は高いです。 今回私が感じた事は率直に言って、中学生に楽しんでものづくりを体験してもらえていない。 これは此方の迎える側にも責任があり、もっと念入りに準備をしておく必要がある。 市場調査... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/10 09:09
東寺(京都)
東寺(京都) 京都『東寺』で作品展を開催されている観瀾斎氏の作品展開催中! 真言宗総本山 東寺 ( 京都市南区) 食堂(じきどう)11月25日迄 観瀾斎氏は、丹波市市島町にアトリエを構え、今年で10年目の秋の作品展となります。秋の京都に行かれたら、東寺にもお立ち寄りください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/02 23:28
理事会
理事会 兵庫県表具内装組合連合会・理事会に出席! 神戸市婦人会館にて(湊川神社横) 退屈な会議と思えばそこまで。何かを得ようと思えば幾らでも得る物が見えてくる。 いつも課題を持っておこう!と思う。^_−☆ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/02 22:45
襖下張りの完成
襖下張りの完成 【襖下地の完成】 下地の骨組み ↓ 骨縛り(一番最初に骨組みに張る和紙) ↓ 胴張り(光の透過を防ぐ為に、色付き土入りの和紙を張る) ↓ 蓑張り(縦約1尺の和紙を三重に重ね張り) ↓ 蓑縛り(蓑張りを固定する為の和紙) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/09 01:37
襖の下張り(蓑張り)
襖の下張り(蓑張り) 【襖の下張り(蓑張り)】 下地の骨に直接張る“骨縛り”、光の透けを止める“胴張り”の次に行う工程です。 蓑笠の様に重なる事から“蓑張り又は蓑掛け”と言います。 写真は、三重に張って行く方法です。 この工程を行う事で、襖の反りが少なく仕上がります。又、丈夫な事もあり張替えの修理作業も綺麗にできます。 日本の気候に合わせた造りで、気温や湿度の変化にも強いと考えられています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/07 19:09
反故紙
反故紙 反故紙… これって何て読みますか❓ 表具師は、反故紙を『ほうぐ』、『ほうぐし』と読みます。 辞書では『ほごし』とあります。 表具では、昔商売で伝票に使用されていた『大福帳』の良質な和紙を、襖や屏風・額装の下地張りに使用します。 理由は色々有るそうですが、紙質が現在の物に比べると昔の物の方が良いとされ、また墨で文字が書かれている為に、防虫効果もあると考えられています。 これに似た事で、箪笥の中に新聞紙を敷き衣類を入れる事が、昔の人はやっていたと思います。それと同じなん... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/01 20:51
『ひょうごの匠』認定式
『ひょうごの匠』認定式 4月30日神戸市パレス神戸にて『ひょうごの匠』認定式が行われた。 今回の認定者としてこの認定式に出席! 姫路市にある、ものづくり大学校の『ものづくり体験館』で各地の中学校の生徒を中心に、それぞれの職種の技術を紹介し体験してもらうことで、ものづくりの良さを知ってもらおうと言うものらしい。 長年受け継がれて来た技術が、後継者不足で絶えてしまいそうな職種(技術)が沢山ある。 そんな事が無い様に、未来の技術者に『ものづくり』の楽しさ・良さを知って貰いたいものです。 スマホ 防水 ケース ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/01 06:59
襖 (組子下地)
襖  (組子下地) 【襖の下地】 近年、襖の下地は『チップ』・『ローヤル』と呼ばれるものが多くなってきました。 これらの下地商品は、安価な襖向けに使用される事が多い。アパート、公民館などで使用される襖が中心でしたが、今では一般住宅でもこの下地が使用される様になってきました。 そんな中、写真の様な下地は『組子下地』と言う杉の木の下地を組み合わせて作っています。 利点は、金属釘を使わず竹釘を打って組み上げてそのお陰で、長期使用でも錆が出ることも無く、次回の張替えにも適しています。 上記の『チップ』・『ロー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/25 13:18
屏風の製作
屏風の繋ぎ目は、紙蝶番で出来ています。 薄い和紙を使って写真の様に組み合わせて下地に張ります。 特徴は、繋ぎ目の隙間が少なく薄く出来る。 両面裏返しが出来るなど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/24 23:04
襖引き手『花透かし(蛇の目グレー)
表写真 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/22 23:40
襖(ふすま)張り替え!
  【襖の張り替え】   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/22 23:24
掛け軸
施主様が、娘さんに贈り物として用意された掛け軸です。 『山水画』は施主様自作の山水画で、もう一方の『フクロウの図』は古い掛け軸の仕立て直しです。 写真を見るだけではただの掛け軸ですが、作品一つ一つに大切な思いが込められています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/15 23:17
西国三十三ヵ所巡り集印御掛け軸(絹本裏打ち)
 【西国三十三ヵ所巡り集印御掛け軸】   集印の朱肉や墨跡が落ちないように剥落止めをして、薄美濃で肌裏を打ちます。(一枚目の裏打ち) 今回の絹本は、観音様が刺繍である為注意が必要である。 刺繍糸の突っ張りかげんで、皺が出来やすくなるので裏打ちの刷毛の撫で具合は慎重になります。 上手く裏が打てましたので、毛布の上に一時置き乾燥させます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/14 23:34
、来客
本日、T上人と一緒にYさんが丹波布工房『丹の布』に行かれたかえりにて工場に立ち寄られた。 Yさんと顔を合わせるのは久しぶりで、最近ではFacebookでそれぞれの情報を覗き見しているくらいでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/01 23:03
襖張り替え工事(本町の家)
平成27年2月末、関西大学建築学科の学生さんが、丹波市青垣町佐治本町にある『本町の家』を改修工事を行った。 数年前(4年ほど前か?)から改修工事を行い(少しずつ)、今回は2階の3部屋を使用出来るように床工事と襖張り替え工事を行った。 その襖張り替え工事を手伝う事になり、私の工場へ2名の学生を受け入れ作業の指導をして、無事おさめることができた。 納めた日の午後は、『お披露目会』が行われて一般の人が建築学科建築学科の学生が提案する部屋を見学! 色使いや物の基準の取り方、部屋全体のバランス等に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/02 01:53
緞子の裏打ち
裏打ちの作業中、ご来店のT御上人様が作業風景を撮られた。 流石‼️ そう言えば、今年はお気に入りのカメラを買おうと思う^_−☆ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/02 23:39
糊…平成16年2月製
平成16年2月製の表装用糊糊です。11年前に作られた糊を見て『古い!』と思われた方多いのではないでしょうか?この糊は掛け軸など巻物に使用する『古糊』です。 写真の青いビニールを剥がすと、中は腐って気持ち悪い状態に成っているのですが、カビが付いて醜い姿になっているだけで腐っている水と黒く変色したカビを取り除き綺麗に掃除すると、中から白く綺麗な糊が出てきます。 古糊は長年寝かす事で、接着力が落ち巻物に適した糊になるのです。 古糊は、乾燥しても硬くならずに柔らかく仕上がる巻物に適した糊なので... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/01 20:50
衝立(着物裂地を使った衝立張り)
以前(2015/01/07)で作業中の様子を紹介していた着物裂地の衝立が完成しましたのでご紹介します。 下記のURLは1月7日のブログ記事です。 http://71068029.at.webry.info/201501/article_2.html 【表側】 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/30 14:05
金張り襖 仕上がり^_^
乾きにくい環境(気候)ですが、今回張替えをした襖は片面が絹目金平押しともう一面は鳥の子紙の無地を張りましたので、作業工程の間に紙に含まれた水分が、鳥の子側の面から吐き出されて乾燥していきました。 これが両面金張りであれば、もっと乾燥に時間がかかったと思います。 天候を見て配達(納品)行こう❗️ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/30 13:26
松井拳堂の達磨図
祖父の持っていた掛軸ですが、中を開けてみるとなんと、松井拳堂の達磨図だ。 少し茶色い発疹状のカビが付いているが、この位ならシミ抜きで綺麗になるので問題ない。 かなり良い状態で残っていたので、lucky❗️です。 どう仕上げるか?一つ楽しみが出来た。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/29 22:24
金張り 襖
絹目金平押し襖 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/29 22:15
丹波布 『短冊掛け』,『はがき掛け』
丹波布を使った『短冊掛け』と『はがき掛け』を作っています。 この二つのサイズなら、場所を選ばず簡単にかけることができますね。(^_−)−☆ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/09 22:37
衝立
《着物のリホーム》 古くなった着物を利用して衝立に張り付けて、部屋の装飾品に変身させます。 着物の裂地を扱うのに、普段の裂地(表装用)と違ってかなり扱い辛い。 又、縦に細長い切れを繋ぎ合わせて一枚の絵になる様に配置の確認。 現在、お客さんが所有の衝立にサイズを合わせながら仕上がりを、作業台の上で眺めながら想像する。 思い浮かばない時は、そのまま放置し、また眺めて考えます。 今日はひたすら下仕事(準備)をして行く。 想像で浮かんだ仕上がりに近付けるための作業工程を次に考える。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/01/07 23:32
新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。 Facebookでは新年の挨拶を載せていましたが、ブログでの挨拶が遅くなりました!^_^; 年賀状を書く・描く・印刷していたらプリンターのトラブルで印刷不能に……。 ブログで失礼します。 お気に入りのCANONのピクサスでしたが、2年で故障してしまった((((;゚Д゚))))))) 修理に\15,000かかるので、修理を保留にして新規購入を検討する。 最近では、CANONの上位機種も安価で購入出来るので、勿体無いと思う気持ちと新品の安心を天秤にかけて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/07 23:14
お茶掛
幅6寸4分(8寸軸先)・丈5尺4分仕上げ 2種類の揉み紙は上下と中廻しに使用し、画仙紙で張り風帯、竹屋町裂地を一文字使用しています。 軸先の直径は8分で細く、巻き癖を防ぐ為と折れ皺防止の為に太芯を用意して太巻きで桐箱を用意しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/27 23:21
掛け軸の出来るまで
紙本・裂地の裏打ちをした後の工程を写真に収めています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/24 22:46
色紙の絵の染み抜き・洗い作業
色紙の絵にカビが原因と思われる、薄く茶色い点が付いている。 これを取り除く作業です。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/20 14:49
機嫌取りと言う訳では無いですが…。
昨夜は、表具師の忘年会。(支部の) 先輩方と技術について語る。まだまだ、盗むことは沢山ある。 お酒をついで先輩を酔わせ、芯をついたポイントを聞き出す。 お酒の力で口も軽くなった! 次回もこの調子で行こう(⌒▽⌒) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/14 20:36
ホームページの作り変え
2003年にホームページを立ち上げて11年が過ぎた。 当時の私は、自分の仕事を沢山の方に知ってもらいたいと言う思いで始めたのです。 それと、周りの人も(自分の友人・知人)この頃にホームページを立ち上げた人は少なく無かった。 ソフトで言うと、『ホームページビルダー』がメジャーでしたね! 「簡単にホームページを作れます」的な書籍も書店に今より多く並んでいたように感じます。 いざ自分が立ち上げる(HP)となった時、二つの方法の選択にぶつかった。一つは前に書いた『ホームページビルダー』などのソ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/10 09:25
襖絵
【戸襖】 古い戸を張り替え。 『大切にしたい、これからも!』 と、お客さんの依頼で張替えをしました。 和紙に興味を持たれていたので、作業工程を丁寧に説明しながら仕上げていく。 途中、工場へ作業風景を覗きに来られて、自分の依頼した仕事を確認。 説明すると、メモを取られるくらい一生懸命聞いていらっしゃいました。 緊張する……σ(^_^;) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/09 22:01
二曲屏風(本鳥の子無地・縁取り有り)
二曲屏風 下地……上四分子 下張……楮紙・楮紙(染め紙・土入) 表張……本鳥の子和紙、緞子・金襴緞子裂 裏張……色付き鳥の子(雲龍) 縁 ……黒塗り(桧加州) 角金物付き(金物を付ける事で、キヅを防いでくれる。長く綺麗な状態を維持出来ると言う事です。屏風には角金物を付ける事をお勧めします。) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/06 20:58
樋型浮かし額(オリジナル額)
額と言う形で作っていますが、樋型と言うことでそのまま盾のように置くことが出来ます。 壁にかけることも出来るのですが置物としても使えるので、一般の額の使い方より飾り方が広がると考えています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/06 20:28
樋型浮かし額
示会用に製作したメインの『樋型浮かし額』。 縁あって行くべきところへ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/04 13:35
黒塗り額装 納品
昨日納品しました(^O^)/ 収まるところにキチッとはまり、落ち着いたと喜んでいただきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/03 23:50
黒塗り額装
今日仕上げの一品‼️ 漆塗り 西陣織 正絹緞子 アクリル入 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/02 13:22
丹波布と表具の工芸展2014
過日、11月15〜16日に開いた展示会の会場の様子と、作品の写真を紹介します。  (※)作品展はすでに終了しています。    【会場写真】  前日準備の写真 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/01 22:59
丹波布の色紙掛け!
丹波布を使った色紙・短冊掛け。 地元の民芸品を使って、表具をして仕上げています。 この『色短掛け』は私の祖父の代から作り続けているものです。 織元から直接丹波布を買い、自社で表装し仕上げています。 ご相談は当店まで電話・FAX・メールでご連絡下さい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/30 22:49
地域の地図修復【畳2枚強の大きさ】
地区の公民館が保管されている、昔の地図。 かなりひどい状態で依頼を受けました。 (破れ、よごれ!) 補強と色彩の色落ち止め作業を終えたところです。 (薄美濃紙で裏打ち・膠で色止め) 長期間の保管に耐えられる様に、もう一度補強をして(裏打ち)コンパクトに安定した状態で収納出来る様に、仕上げて納品となります。 仕上がりが待ち遠しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/29 22:48
額装 【袱紗】
刺繍を額装に仕上げました。 この2枚は、元々ひとつの袱紗だった物を色紙と半紙サイズの額装に仕上げています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/29 22:36
丹波市の補助金制度説明会
丹波市商工会の建設業部会では、本日11/28(金曜日)リホームやUターン・Iターン者の新築、バリアフリーなどの工事に関する丹波市の助成金活用について勉強会?を開いた。 内容が上記のようなものなので、工務店(大工工事)の方が大半の参加となっていました。 丹波市の職員が商工会へ出向いて助成金活用の説明をする事は初めての様子。(説明に来た所の職員談) 今回は、商工会建設業部会の事業で『もっと助成金をアピールして、市内の業者が仕事獲得を目指す』というのが目的。 お客さんに... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/29 00:01
丹波布と表具の工芸展2014
初めて展示会を開く。 兵庫県の組合やそのほかの展示会に出品する事はあったが、自分(達)が企画して開くのは初めての事です。 組合となると、どうしても中心が神戸とか都会になってしまい、地方の人間は数(組合員数)で負けどうしても2番手3番手の扱いをされる。 それなら自分で自由にアピールできる場所を作ればいいと、今回の展示会を開く基となった。 と言っても、全て自分個人で行うのはかなりの労力を必要とする。 そこで、丹波布の工房を立ち上げたOさんとその友人Sさんの三人で共同開催することになった。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/04 21:52
東寺 お砂踏み  観瀾斎作品展 in 仙台3
【鯉のぼり こいのぼり】【庭園用 こいのぼり】 東旭 鯉 はねぼう 3m 6点 庭園スタンドセット砂袋付【東レ フェザリア ナイロン】山本寛斎デザイン 鯉幟【庭園 こいのぼり】徳川城【楽ギフ_包装】【smtb-TK】【送料無料】【お買い得 人気】節句人形と木のおもちゃ徳川城 R店レビューは商品到着後にお願いします ★ギフト対応【無料】 【楽ギフ_包装選択】【楽ギフ_のし】 【楽楽天市場 by 昴五号七点セット 高砂ともえや 楽天市場店山本寛斎 結納コレクション昴(すばる)五号七点... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/04 00:18
東寺 お砂踏み  観瀾斎作品展 in 仙台2
真言宗 総本山 東寺 お砂踏みが始まる! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/04 00:17
東寺 お砂踏み  観瀾斎作品展 in 仙台
宮城県仙台市で、京都『東寺お砂踏み』、『観瀾斎作品展』が開催されている。 期間:4月2〜8日まで 会場:藤崎百貨店(宮城県仙台市) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/04 00:12
雑誌に紹介されています。(宮城県仙台市)
Kappo 仙台闊歩 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/31 11:24
観瀾斎作品展(宮城県仙台市)3
【七福神】 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/31 10:22
観瀾斎作品展(宮城県仙台市)2
今回出品される『観瀾斎作品展』作品の一部を紹介します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/31 10:16
観瀾斎作品展(宮城県仙台市)1
私の仕事で出張はまれである。 覚えがあるのは、 高砂市 鶴林寺 壁装。 これは1週間ほど泊りがけだった。 そのほかでは、埼玉県へ大型額縁表装を依頼されて取り付けまで行ったことかな? 後は西宮名塩のお寺の壁装工事があったが、これは毎日通った。 今回は福島県二本松経由、宮城県仙台市の出張です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/30 19:01
書画の裏打ちの前に
古くなった掛け軸などの書画を修復(表装仕立て直し)するには、本紙の古くなった裏打ちの紙を剥がす作業から始まります。 本紙に軽く水で湿りを与えます。少し時間を置きピンセットを使って丁寧に、古くなった裏打ちを剥がしていきます。 その後、新しく裏打ちをする。 洗いが必要な時は、裏打ちをする前に『洗い作業』を行います。 (作品の傷みによっては、作業工程が前後する事もありますが…) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/29 14:00
『古書画(紙本)』の埃取り
簡単な事ではあるが、『古書画』表面の埃取り作業の様子を紹介。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/29 13:50
戸(戸襖) 
古くなった“戸(戸襖)”の張り替えを依頼された。 お客さんが持っている作品を張る様に指示があったのですが、丈の寸法が少々足らないので色々な“ハギレ”を張り混ぜる事を提案し裂地の配置を確認。 なかなかこれが難しい。 お客さんから、『好きなように遊んでください』と言われるがそれがプレッシャーになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/28 13:50
有志で開く表展4
...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/12 09:03
有志で開く表展3
屏風 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/12 08:57
有志で開く表展2
金細工風炉先屏風 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/12 07:59
有志で開く表展1
今回、初めての試みとなる『表具』の展示会を有志で開きました。 会期:平成25年10月11日(金)〜13日(日) 場所:加古川市野口町吉野1736     加古川市立 松風ギャラリー 1F (全フロアー) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/12 07:46
掛軸
昨日、あるお客様から掛軸をあずかった。 預かったのは2点、『般若心経』と『南無釈迦牟尼佛』。 『床の間に2幅を並べて掛けたいが、長さが揃っていないので見た目が悪い』と言うことで、一方を短くして同じ長さになる様に依頼を受けた。 作業を進めていきながら、もう一方(南無釈迦牟尼佛)の表装をよく見ていくと祖父が作ったものだった。 手を止めて懐かしく眺める。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/03 08:10
CBR250R MC19 でツーリング
大乗寺(応挙寺)へふらっとツーリング! 円山応挙の襖絵が有名なお寺です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/09 20:04
お寺の大きな襖です。その2
完成し、お寺に無事納品しました。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/09 19:56
お寺の大きな襖です。
大きな襖です。 高さ180cm×幅140cm(高さ6尺×幅4尺6寸5分)の下地に、一枚の紙を張る。 手がとどきません。 糊を塗る作業台もないので、床が作業台。 配達するにも車に乗らないので、リアシートをすべて取り外してどうにか。 とにかく大変です。 でも、仕上がりが楽しみです。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/27 19:30
CBR250R MC19(1988)
仕事が休めず、今日も朝から工場で作業をしていた。 工場の窓からは、昨日も今日もツーリングを楽しんでいるバイクが走っていくのを羨ましく見ているだけ。 ストレスが貯まる。神経を使いながらの作業で3時間が限界!休憩を入れないと、途中で気持ちが途切れてミスをしてしまいそうに…。 昼食の休憩を入れてもう一踏ん張り! 午後の3時を過ぎてようやく作業をストップできるようになった。 今日はこれで仕事を終えた。 家に戻り、少し水分を取って愛車のMC19(CBR250R)を動かす。 セルをかけると... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/26 21:37
ランニング(ゴールデンウィーク前半)
ゴールデンウィークの休みを利用して、私の住んでいる青垣町では田植えの準備や田植えをする家が多い。 加古川の上流と県北中部に位置するためか、早く植えて早く収穫する様です。 ランニング中に、田んぼ作業を写真に! 田植えをして、あぜではお昼休みの休憩におにぎり(お弁当かも)を家族で食べている風景もよく見られます。 そんな様子を、都会からドライブがてらに見に来るのもいいですよ(^_-)-☆ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/01 22:29
般若心経(額縁3種)
以前の色紙額と、同じ色合いで2点・新しく1点追加して『般若心経』の額装を仕上げました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/01 22:19
色紙額
<色紙額> 2点の色紙額をご紹介します。 一般的なものでなく、作品をより良く見せるために奥行を付け落ち着いた雰囲気を出すために、フレームの木地・色・縁の裂地にこだわり、裂地には化繊や綿ではなく絹(シルク)を使っている。 価格は 21,500円(税込22,575円) と高価ですが、中の作品を家宝として大切に保管するのであれば是非とお勧めしたいです。 フレーム色・作品周りの裂地をお好みで選んで、オリジナル感を出してみてはいかがでしょうか? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/05 22:30
六曲屏風
六曲屏風 漆塗(黒艶消し桧木地)が、本紙に(縁無し)直に取付けるタイプで、金物も一切付けていない。 これは、漆塗の椽を打ち付ける作業で手を抜くこともできず、ごまかしが効かない。 シンプル過ぎるが、これがまた技術の必要なところです。 私の場合は、技術が無い分時間をかけ、『慌てず急がずゆっくりと・よく考えよく感じて』で仕上げる。 全く、お客様には申し訳ないばかりです。 良くかみさんと 『いつになったら、安心できる職人に成れるんかなぁ〜?』 と話す。 そう思いながら、毎日が過... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/31 22:48
お寺の本堂改修工事
菩提寺のS寺の本堂改修工事が行われた。 5月完成を間近に、正面の壁(襖下地)柱等の塗り作業、須弥壇(しゅみだん)の修復が終わり納められた。 今回の工事で請け負った壁装は、正面金箔張りと裏側になる御釈迦様の修復(表装仕立て直し)です。 長年の埃を取りと絵具の劣化で、一部分が剥落している箇所の補強をし、新たに使用した和紙の補彩をしています。 出来上がった正面(金箔側)と裏面の御釈迦様の様子、それと修復前の御釈迦様の状態を下で比べて見る。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/23 22:29
『阿吽の双竜』福島県二本松市へ搬送!
仏版画家“観瀾斎氏”の作品『阿吽の双竜』を福島県二本松市役所へ搬送してきました。 この作品は、昨年(平成23年9月20日〜11月25日)京都東寺で開かれた『観瀾斎 作品展』のメインに作られた作品で、かねてより東北の震災で被災された方に見ていただきたいと言う思いで、この作品を東寺に展示されていた。 そしてこの度、たまたま東寺に訪れていたMさんがこの作品と出合い、その作品の情報が二本松市長の耳に入ったのがきっかけになったと聞いています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/27 21:51
掛け軸作り
掛け軸に使用する『金襴緞子』裂地です。 製造されるときに、縦横それぞれの糸が“ピン”と張った状態で仕上がって手元に届きます。 その裂地を使用する大きさに裁断して、少量の水分を噴霧器掛け湿らせる。 そしてチジミを入れてから裏打ち作業をします。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/18 17:58
新築の和室
新築の和室。 少しずつ建具、壁装等部屋に必要な物が揃っていくにつれ、それらしい落ち着きが出てきます。 畳の部屋でゆっくり座ってくつろげるスペースは、近年の建築では少なくなって、旅館などで過ごす機会以外は自分の家ではないと言う方も多いのではないでしょうか? 襖などの建具で部屋を仕切り、用途に合わせてスペースを簡単に調整できるのは日本建築の良いところです。 また、畳の上に座るスタイルは、視線が床に近くなる事でその床面を清潔に保つ意識が出てくると思います。 フローリングの床にイスとテ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/18 17:50
でかい 2
骨縛り後の胴張りです。 間似合紙を張っていますが、一重では透け止めには弱いので二重張りにしています。 これでかなり、遮光出来ています。 で、ここからが下地の肝です。 蓑張り(蓑傘のように重ね張りします)に入るのですが、今回は“五重蓑”にしていきます。 その様子は次回に・・・。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/09 22:05
でかい!
組子の下地が馬鹿でかい! 縦5尺8寸×幅6尺5分(H1740mm×W1815mm)普通の襖2枚分(畳2枚・一坪)の大きさです。 もっと大きな物もあるが、これでも一人で振り回すのは大変です。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/04 15:05
額装(黒漆塗り艶消し)
紙本はかなり『ボロボロ』。 本金箔、黒漆塗り艶消し仕様で仕上げています。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/14 23:19
屏風(二曲)
二曲屏風の仕立て直しです。 古い屏風で、裏張りが破れ骨下地も反りが出て新しく仕立て直しとなりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/14 23:13
黒電話
日本電信電話会社の黒電話が物置から出てきた。 41−M型と言うものだ。 先代(父)が骨董品を大切にする人だったので、残っていたのだと思う。 昔の我が家で使っていた物でしょう! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/27 21:23
襖(ふすま)下地(浮け)
襖の下地に浮けと言う紙を張ります。 写真の襖の様子は、2枚張りつける浮け紙の1枚目(下浮け)の物です。 四方刃物で切った紙を、縦6・横3つ割に張ります。 2枚目の写真は、上浮けと言います。 二方を刃物で切り、もう二方をくい裂きにしています。 今回は襖片面を6枚で張りつけ浮けの完成です。 下浮け、上浮けどちらも繊維の長くて強い和紙を使用しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/27 12:35
裏打ち
> 『裏打ち』と言う作業があります。 これは、表装をするうえでとても大切で基本にもなる作業です。 新しい物の裏打ちもあれば、古くなって傷んだ物の修復をするための裏打ちもあります。 今回の写真の裏打ち作業は後者の物で、大正時代初期に画かれた物です。 作家は江戸から明治時代初期に生まれた方でした。 所々破れていたり、全体に埃をかぶり色が焼けている状態の物です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/14 19:21
反故紙・反古紙
【反故・反古紙】  読みは『ほご』・『ほうご』・『ほぐ』と辞書には書いてありますが、なぜか私は『ほうぐ』と言います。 表具師(関西の方。関東は違うかも)は『反古紙』と書いて『ほうぐし』と言う事が多い思います。  意味は『書き損じていらなくなった』とか『役に立たない』と言う事です。  そのいらなくなった反古紙を使って【襖】・【額】・【屏風】等の下地作りに使います。 蓑がさのように重ねて張り、空気の層を作りふんわりと仕上げます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/05 13:15
屏風(紙本ほこり除去)
屏風の仕立て直し(紙本修復) 紙本を屏風本体より切り抜き、修復し本体は新しく仕立て直す作業の一場面です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/04 21:41
額装(本金箔押し・漆塗り)
【額装】和額の額装です。 古い紙本の表装仕立て直しです。 仕立ては・・・・・・本金箔の箔押し、桧木地の黒漆塗り艶消し仕上げ!           保護の為にアクリルを使用しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/04 13:40
桐箱
出来上がった掛け軸を写真のように桐箱に納めています。 湿気、カビ、虫を防ぎ長期の保存保管に適した箱です。 大切な作品には桐箱での保管をお勧めします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/03 13:56
掛け軸出来上がり
掛け軸出来上がりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/03 13:49
襖(ふすま)引き手  骨董品
昔の『引き手』はと言うか、『少し高価な引き手』は縁(外枠部分)、胴部、底部とそれぞれ3分割4分割・・・・・・と、分かれている部品が組み合わさったもので一つの『引き手』になっています。 古い引き手は、底の部分と胴部を固定する爪があるのですが、その爪が折れて無くなり外れている事が多いです。 表具師が行う修理方法としては、和紙に糊を塗り底部分を後ろから張りつけ固定すると言う方法です。 はんだ付けの様な修理方法をした方がいいと思っていたのですが、これが結構しっかりするのです。 昔からの方... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/01 09:08
掛け軸『般若心経』
今日の作業場の様子です。 お客さん自作の『般若心経掛け軸』です。 写真の状態は、紙本と裂地を『切り継ぎ』し、総裏前の状態です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/30 23:05
達磨図の洗い
達磨図の掛け軸ですが、紙表具で長年巻いた状態で一ヶ所に湿気を含み、水で濡れたような染みが出来ています。 右上の染みには、紙表具の青い色素が紙本に移っています。 全体に長年の埃と日焼けによると思われる、茶褐色の色が付き年代を感じさせます。 これを、洗い作業で濡れた染み跡を取るように依頼を受け、新しく表具を仕立て直します。 その第一歩として裏打ちと、洗い(漂白)をしています。 【注意】この洗い作業は、所有者の了解を得て行っております。 また、紙本の状態により、洗い作業の出来ない物もありま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/30 22:59
紙本洗い
表具作業の中で、紙本が汚れや日焼けなどで変色する事があります。 この紙本は数年保管状態が悪いままで、巻いて置かれていたそうです。 この日焼け?を洗い作業で漂白しました。 どうでしょうか? 真白にするより少し柔らかい色が残っている方が落ち着いて見えるでしょ! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/30 08:26
達磨
達磨の表装(掛け軸)が・・・・・・ 仕事をしている中で、不思議な事があります。それは今回、達磨の表装を依頼されると何件か依頼が集中する事です。 今、『古い肌裏』をはがし『新しい肌裏』を打ち素干ししています。 掛け軸の作業は、表装を仕立て直す時は廻りの裂地を切り落とし、紙本の裏打ち(普通は3枚[3層])をはがして、元の1枚の状態にしてから新しい裏打ちをします。 この写真は、新しい裏打ちをして乾燥させている所です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/30 08:13
市松模様の襖
完成した市松模様の襖です。 艶消し黒塗りの椽と黒の引き手が、白と紺の模様の鮮やかさを引き締め、和室に昔からあったようにしっくりと納まっています。 《ブロックチェック/市松模様》フラットペンケース☆サブカルグッズ(ふでばこ)通販☆インセンティブユーザレビュー:Amazonアソシエイト by 達磨(だるま) 本印傳ショートウォレット 市松模様 黒 [DWT016]クラフトカフェ商品番号DWT016素材・仕様本印傳(鹿革・漆)・牛革/真鍮(金具部分)二つ折り財布加工方法フルベジ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/10 12:28
市松模様の襖
ようやく張り込みが出来た(両面とも)! 今日、椽と引き手を取りつけ現場へ運び込んだ。 建て合わせは明日の予定で、天候の心配もあり今日のうちに運んでおいた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/09 23:03
手漉き和紙のふすま
市松模様のふすまを製作しています ふすま(襖)一枚分を縦6・横2に分けて一枚一枚張っていきます。 この紙は 兵庫県の杉原紙です 以前にもブログで紹介した和紙です 紙質は楮100%の紙で糊の水分を含みやすく襖に張る前に下処理をして張ります。(ドーサ引き) 和紙なので付は良いですね! 色付きは良いのですが、白口は下地が透けるので普通の下地よりひと手間かけなくてはなりません。(裏打ち) そのお陰で表面の色合いは一段と鮮やかになります。4本そろうのが楽しみです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/07 18:02
にかわ
膠(にかわ) 簡単に言うと昔の接着剤です。 動物の皮革や、骨髄から取り出したタンパク質。 これを棒状にしたものが写真の『三千本』です。(一貫(3.75kg) でちょうど三千本作れることから) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/20 09:58
和紙(washi)
和紙は、表具で使用する物では普通 二尺×三尺 のサイズに漉いた物を使用します。 薄口・中肉・厚口と大きく分けて3種類の厚み(重さで表示される事もある)を使い分けます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/20 09:43
ふすま
昨日から(16土曜日)今日(17日日曜日)の足立栗峰(健三)氏個展(丹波新聞社)に展示してあるふすまを依頼され制作。 飾らず、昔から丹波地方にあったふすまのデザインで仕上げています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/17 09:34
足立栗峰さん傘寿展
足立栗峰さん傘寿展 4月16日(土曜日)〜17日(日曜日)の両日、丹波市柏原町の丹波新聞社内で足立栗峰(健三)氏が『傘寿展』を開催。 足立栗峰氏は丹波市青垣町栗住野在住。 日展系の書家として知られ、この展示会ではそれらの出品作品や、襖4枚に書かれた新作も展示されている。 また、門下生の作品も同時展示され書道の入門から、玄人好みそれぞれが楽しめる会場作りになっています。 足立栗峰氏(先生)は、二日間会場で多くの方が来場されることを楽しみにされていることでしょう。 是非、足を運んでみてく... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/17 09:18
紙すき
昨年から今年にかけて、襖の依頼を受けているものの中に『杉原紙』を張る依頼が入ってきている。 私の住んでいる所から一番近い『紙漉き』の工場(研究所)です。 今日、その杉原紙研究所(工場)へ襖用和紙を見に行ってきました。 厚み・色・サイズを確認するためで、これを確認することで、襖下地の制作に使う材料の使用方針が決定する。 これは、私が勝手に決める事(私の経験で)ですが、とても大事な事に一つです。 紙の確認をすることで、私の作業方法・使用材料をお客さんに説明して納得・理解していただける事... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/17 22:21
乾燥
冬のこの時期は、襖・掛け軸など糊付けしたものがなかなか乾かない。 春夏秋ならほぼ1日で乾燥できるものが、2日から3日かかりかなり作業が遅れてくる。 作業室内の室温を暖房で上げて除湿機で除湿していても、なかなか乾かないので冬の仕事はあせらずゆっくり、時間をかけて丁寧に製品、作品に取り組んでいける時期と考えています。 強力乾燥剤 キングドライ3パック KMC-33Sハクバユーザレビュー:Amazonアソシエイト by 【1/11出荷】【在庫処分80%OFF】 靴 乾燥 シュードライ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/07 22:35
五百円札
...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/05 17:52
彼岸花
彼岸花(曼珠沙華) 9月下旬〜10月中ごろのこの時期田んぼの畦道、川土手などによくみられる花ですが、よく見かけるのは朱色(赤っぽい色)がほとんどだと思います。 この写真は昨年小学校で球根をもらってきて、鉢に植えていたものが花を咲かすと黄色い彼岸花だったのです。 近くの公園の花壇へ児童が球根を植えに行って、今年その花を咲かせている様子を新聞に取り上げられていました。 佐治へ来られて、公園・散歩道に黄色い彼岸花を見かけたら佐治小学校の児童が植えた花だと思ってみていただければ嬉しいです... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/05 08:02
屏風金物
屏風金物を紹介!   屏風の椽には檜・杉の木等の木地を使い、その表面に漆・加州・ウレタン塗料などの塗装がされる。 金物は、装飾だけでなく塗装の保護のためにも役立つものです。 屏風も一つの道具です。その道具を金物一つ付けることで塗りが割れたり傷つくことを防ぎ使う人が屏風を扱いやすくなります。 使いやすさを考えると金物を付けることをお勧めしますが、丁寧な扱いをされる方なら金物無しの屏風も上品ですよ。ここはどうしても好みの分かれるところです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/04 20:36
表展(表装美術展)開催5
今回の作品展でちょっと変わったものと言えば私たちが出品している紙遊会の掛け軸もそうですが、この写真の様に壁紙にプリントされている写真は普段私たちがデジカメで撮っている写真をつかったものです。 子供の写真や、恋人・お気に入りの車・風景など自分が撮った写真が壁紙になり、我が家を彩ること間違いなし! 先日の敬老の日などのプレゼントにおじいちゃん、おばあちゃんの部屋を孫の写真でいっぱい、なんて喜んでもらえそうですね! ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/22 21:54
表展(表装美術展)開催4
いろんな掛け軸がずらりと並んでいます。 日本の美を感じる色合いはかなり渋いものですよ! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/22 21:44
表展(表装美術展)開催3
兵庫県井戸知事さんのも毎年協力していただいています。 額と掛け軸に仕上がっています。 左の作品は神戸市長さんです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/22 21:40
表展(表装美術展)開催2
【東播支部のスペース】 丈3.3m×幅1.8mの大龍の図掛け軸をはじめ、お茶掛け・南画の掛け軸が展示されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/22 21:33
表展(表装美術展)開催1
平成22年(2010)9月23〜24日の両日、兵庫県民会館にて「表展」(表装美術展)が開催されます。 毎年、9月に行われる『表展』は会員の表具師が自慢の表具作品を展示披露するもので、普通ならあまり目にすることのないデザインの作品が集まってきます。 なかなかプロの仕事を見ても気が付く事は難しいかもしれませんが、ここに展示されている作品と その表具師は表に見えないところまで丁寧な作業で、それぞれの技術がそそがれています。 その一部をここで紹介いたします。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/22 21:07
昔の新聞
仕事で古い『和額』を修復する為に預かり、紙本をカッターナイフで切り離しているといつもの様に中から古い新聞紙が下張りに使ってあったのが出てきた。 普段なら、直ぐに古い下地は処分するゴミ置き場へ持って行くのですが、何となくその新聞を見ていると懐かしいデザインの車の写真に目に留まり、これは多分『三菱ギャラン』と書いてあったのでしょう ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/10 22:50
埼玉県へ出張!
仏版画家:観瀾斎先生の大作百観音の一部を額装にして埼玉県へ配達と取付に出張してきました。 額は 高さ:2100mm     幅 :1000mm     重さ:23kg     3mmの厚さのアクリル入り ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/24 09:47
のれん
工場の入り口に、のれんを掛けました! ホームページのタイトルを 『美と彩りの部屋』 と付けているので、この『彩』を使うことにしました。 ちょっとだけ【表具屋さん】らしい仕事場に見えるかなぁ? (о^∇^о) ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/26 17:34
桐箱修理
古くなった桐箱の修理をしています。 各部品で組合せた箱が、バラバラに外れ、なくなっている箇所もあります。 接着剤で付け、なくなっている箇所は、桐の板を加工して新しく取付けて出来るだけ現状で使える様にしています。 これ以上壊れる事があれば、新しく作った箱に、現在箱に書いてある覚え書きを移植する方法を考えなければなりません。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/21 10:43
オープン
オープンオープン ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/24 23:04

トップへ | みんなの「仕事」ブログ

さんぽ道日記 ! 仕事のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる